築90年の家をリフォーム

築90年の家をリフォーム

結婚して旦那の実家に住むことになった。まぁそれは結婚する前から分かっていたし、旦那もそのつもりだったからか結婚の話が出る前から実家のリフォームを検討してた。旦那の実家は 築90年程。旦那の曽祖父が買った家らしい。そんな昔の家だからthe古民家と言わんばかりの家。正直暮らしやすい家では無かった。隙間風がひどく、寒冷地の冬はまさに極寒。ただ、旦那も義父も育った家を壊して新築を、と言う気には慣れずリフォーム。確かに古い家だけあって、今の家には見られない梁や柱、千本格子の建具など、残しておきたい気持ちもわからなくはない。なので梁、柱、建具などはそのまま生かし、それ以外は全面的にリフォームすることに。畳は仏間を除きフローリングにし、仏間の畳を新しいものに。四畳半の和室スペースはヘリのない琉球畳。既存の木材で見えるものは塗り直し汚れを隠す。日に日に変わっていく実家に感動しつつも、どこかやっぱり寂しそうな義父と旦那。でも、それも最初だけで、新しい家の雰囲気が出てくると完成が楽しみになってきたようだった。予定よりも長くかかった工事も終わり、受け渡しの日。新しい鍵。最近は新築がやっぱりいいなと思ったいたけど、昔ながらの梁や柱を見るとリフォームで良かったと改めて思う。

リフォーム会社の口コミ・評判を徹底比較